【WBK】ウエストパック銀行の業績に不穏な気配!20ドルまで下落したが買えなかった理由

SBI証券のサイトで株価をチェックしていたら、高配当で有名なウエストパック銀行(ティッカー:WBK)の株価が20ドルまで下落していました。

ウエストパック銀行はオーストラリア第2位の銀行で、配当の二重課税がない高配当株として有名です。

私も以前保有しており、今年1月に太陽光発電事業のため売却しましたが、買いなおしたいと考えている銘柄です。

早速、「買うぞー」と思いポチポチとSBI証券の画面を操作していたところ…購入の手が止まりました。

スポンサーリンク

2018/8/20以降、急に下落トレンド入り

チャートの動きが不穏

以下はウエストパック銀行のチャートです。8/20を境に、明らかにトレンドが変化していることが見て取れます。

市場の開幕に合わせてガクッと下落→取引時間内はヨコヨコ気味の動きを繰り返しています。

ウエストパック銀行はマイナー銘柄ではなく、普通はもう少し取引時間内に一時的に値上がりしたりするように思えます…

8/20~24の株価と下落率データだけ切り出してみると、だんだんと下落率が大きくなってきています。

無論、いつかは下げ止まるでしょうが…下落の理由も分からないまま購入に動けず、購入は保留にしました。

株価下落の原因を調べてみると、ウエストパック銀行の株を購入するにしても少額に留めた方が良いような状況でした。

ウエストパック銀行の株価下落の原因は?

ウエストパック銀行の利ざやが低下

オーストラリアの地元系メディアが、ウエストパック銀行のnet interest margin(=利ざや)が最近下落していることを報じていました。

A bank’s net interest margin (NIM) is the gap between what it pays to borrow money and the interest rates it is lending at, and is the main source of profits.

Westpac’s NIM fell from 2.17 per cent in the first half of its financial year (October 1 to March 31) to 2.06 per cent in the most recent quarter to June 30.

日本語訳:net interest margin(NIM)は借入利率と貸出利率の差であり、銀行の利益の源泉である。ウエストパック銀行のNIMは、上期(2017/10/1~2018/3/31)に2.17%だったが、3Q(2018/4/1~2018/6/30)には2.06%まで下落した。

引用元:ABC News – Westpac shares walloped after revealing massive interest margin drop

利ざや低下の原因は?

利ざやが減るということは、「借入金利が上昇」「貸出金利が減少」の片方または両方が起こっていることになります。ウエストパック銀行ではどちらなのでしょうか?

答えは「借入金利が上昇」です。

まず借入金利上昇ですが、以下のチャートはオーストラリアの銀行の短期借り入れコストです。2018年3月に約0.3%だったのが約0.65%まで急上昇しています。

出典:ABC News – Big four banks face mounting pressure to lift interest rates

とは言え、借入金利が上昇しても貸出金利を同程度あげることが出来れば利ざやは低下しません。

しかし、オーストラリアの銀行は、現在貸出金利を非常に上げ難い状況です。

主力である住宅ローンの金利に関して国の規制が入ったり…

オーストラリアのウエストパック銀行が、居住用住宅向け住宅ローン金利を1956年以来の低水準となる、3.59%に引き下げたことが分かった。世帯負債の拡大を背景に、当局による融資規制が現在の投資家対象から拡大するとの見方が浮上している。オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

(中略)

オーストラリア金融監督庁(APRA)が投資家向け住宅融資規制を厳格化している中、昨年11月の住宅融資額成長率は年率6.5%と、20カ月来の低水準となっている。

引用元:NNA ASIA – 豪の居住用住宅ローン金利、62年来低水準に

オーストラリア4大銀行全てで不正が明るみになったり…(笑)

豪王立委員会が行っている国内金融セクターの調査で21日、4大銀行の不正融資や金利の二重徴収といったずさんな経営が浮き彫りになった。同委員会の上級顧問マイケル・ホッジ氏は4大銀行すべてが提出文書で、何らかの不正行為を認めたと明らかにした。

(中略)

ウエストパック銀行は対象にならない法人向けに融資を提供したことを認めたという。

引用元:Newsweek – 豪4大銀行が不正融資や金利の二重徴収認める、ずさん経営浮き彫りに

コメント

タイトルとURLをコピーしました