市原市の太陽光発電所が台風15号で被災…

先日の台風15号の影響で、未だに千葉県で大規模な停電が続いていますね。被災された方にはお見舞い申し上げます。

私の住んでいる墨田区は幸運にもほとんど被害がなかったものの、千葉県市原市に太陽光発電所が2基出来たばかりでした。ようやく発電家デビュー!と思ったらいきなり観測史上に残る台風直撃。

台風が通過した直後に様子を見に行こうとしたものの内房線が全線運休でいけず、9/10(火)の夜に本業を早めに切り上げて見に行きました。

スポンサーリンク

発電所付近の木が強風でへし折れていた

現地は停電中で、真っ暗闇の中携帯のライトで照らしながら発電所の内外をチェックしました。

木が何本もへし折れてフェンス内外に転がっており、台風の被害の大きさを体感しました。細い枝はパネルの邪魔にならないよう移動したのですが、一本はほぼ根本から折れていて、あまりの重さに全く動かせないほどでした…

他にも、どこかの屋根が飛んだのであろうベニヤ板がフェンの下に転がっていたりしてましたね。

幹からへし折れていた木
見にくいですが、画面中央のフェンスが木の直撃を受けてひしゃげています

発電所の設備そのものはほぼ無傷に見える

発電所内外を歩き回って架台の状態やパネルの傷をチェックしたところ、驚いたことに特段損傷はありませんでした。

真っ暗闇でしたし、架台の高さが結構高くて目視できないところもありましたし…全部確認しきれたわけではありません。しかし、よくニュースで報道されるようなパネル四散や架台が崩壊するような損害は全く起きていません。

パネルの角度を10度にしてあるのが功を奏したのか?何にせよ業者の施工がしっかりしていたのは間違いなく、業者に対する信頼度はかなり増しました。

停電時に付近の住民へ電力を提供できるようにならないか?

発電所付近の地域は台風後も長期間停電が続いており、夜間に発電所を見に行ったときは真っ暗になっていました。売電できない分の電気を無償で提供できれば災害時の地域貢献になると切に感じましたね。

家庭用太陽光発電であれば自立運転モードにすることで自家消費できるようになります。野立てでも同様のことができないか調べてみます。発電所からコンセントを出して、そこに電化製品を差せば使えるようなイメージ…

コメント

  1. 九州一男児 より:

    台風被害に遭われました皆様にお見舞い申し上げます。私も九州で野立て太陽光を開始する者です。今回の台風には大変注視していました。あれだけの台風を経験された記事を大変興味深く拝見させていただきました。気になるパネルの損傷などが無くて何よりです。後はまさかの東電への売電ができない状況、支払いをどうすればいいのか?大変気になるとことろです。ご無事でありますよう。ありがとうございました。

    • とことことことこ より:

      ご丁寧にありがとうございます。九州地方も台風17号で大変なことになっていますね…ご無事であることをお祈り致します。私の場合、停電中の売電は完全にロスしたものの、停電期間が数日で済んだためにダメージはごく僅かです。おそらく1~2万円程度かと。

      今回、休業補償や損害賠償保険の加入申込みが完了する前に台風を食らってしまい、正直肝を冷やしました。九州一男児さんは、保険の加入を稼働前にばっちり済ませておくことをお勧めします。(特に損害賠償保険)

タイトルとURLをコピーしました