【太陽光発電】4基目の発電所購入に向けて現地視察完了!

昨年の今頃に野立て太陽光発電を始めようと思い立ってから、早1年が経過しました。

https://tokotokoblog.com/solar/post-1142/

現在、計3箇所(千葉県に2箇所、群馬県に1箇所)発電所建設に向けた契約を業者と締結済みで、融資周りの対応も一段落したものの、まだ売電開始までは至っていません。

今月は設立した合同会社の決算月にあたります。初年度売上:0円となりそうで、税理士から財務諸表送られてきたら悲しい気持ちになること間違いなし(笑)

そんなもやもやとした状態ではありますが、昨日は施工業者から紹介を受けて土地を視察してきました!

スポンサーリンク

発電所の概要(施工業者見積もり)

  • ロケーション:群馬県安中市
  • 18円案件
  • 地目:畑(農転必要)
  • 土地代+建設費用計:900万円弱
  • 年間想定売電収入: 100万円弱
  • 表面利回り:約12%
  • パワコン出力:40kW弱
  • パネル出力:50kW弱

規模が小さいことを除けば非常に良さげです。

元々他の人が押さえていた土地が、諸所の事象によりキャンセルとなり、私に話が回ってきました。その方には申し訳ありませんがラッキーでした。

土地のチェック結果(詳細)

※民家が映りこんでいるため、プライバシーのためモザイクをかけています。

全体として非常に良い立地だと判断しています。

今週中に施工業者の担当者と会話して、契約に向けて突き進みます!

日当たり

抜群に良かったです。南側は青地(原則農地転用不可)の畑ですので、急に建物が建つような心配もありません。

強いてマイナス面を挙げれば、西側に木が2本立っているところですね。夏場の葉が茂っている時は、夕暮れになると発電所に影がかかる可能性があります。(現地視察した午後3時頃であれば、影の心配は全然問題なさそうでした)

電線

土地のすぐ北側を電線が通っており、これ以上ない条件です!

電力工事負担金が少なくて済む見込みですし、電柱を1本くらい建てるとしても、建てた電柱が影になる心配もありません。

伐採・伐根・整地

ほぼ平らな土地ですので、大規模な整地は不要な見込みです。

枯れ木が何本か生えているのを伐根する必要がありますが、伐根費用は地主負担でよいとのことでしたので全く問題ないです。

近隣の環境 ・アクセス

安中駅から車で10分~20分の、家や畑が散在している落ち着いた環境です。太陽光発電向きの土地としては、比較的アクセスしやすい方だと思います。

潜在的なリスクとしては、北側に住宅があるため、万が一パネルが飛散すると被害を及ぼす可能性があります。通常の動産保険に加えて設備賠償の保険に加入したいところです。

施工業者には、風で簡単に飛ばないような設計をするよう念を押しておこう。

土地の固定資産税

不動産業者に質問してみたところ、明言はしてもらえませんでした。

数千円~2万円/年程度のレンジに収まりそうで、許容範囲内ではあります。

新たな悩み

正直なところ、今回の土地が低圧フルサイズの規模(年間想定売電収入:170万円~200万円程度)なら最高でした。

このままだと合同会社の売電収入が600万円前後に落ち着きそうで、税率が変わらない売上800万円ラインまでもまだ余裕がある状態です…

で、昨日不動産業者から、「今回の土地のすぐ近くに、同じ地主が所有する土地が2箇所あるんだけどどう?」という話を聞きました。

その内1箇所は連携工事負担金込みでも600万円程度で購入できそうで、まぁまぁ良さげな立地です。そして、私が今保有している株を全て売れば、丁度600万円弱のキャッシュを捻出できます(笑)

18円案件もそろそろ終わる今、フルキャッシュでもう一基買ってしまうべきか…でも株売りたくないなぁ…うーんうーん。

コメント

タイトルとURLをコピーしました