知らなきゃ損!融資の相談において頼りになる日本政策金融公庫を徹底解説!!

突然ですが、日本政策金融公庫という金融機関をご存知でしょうか?

私の周囲の人は誰も知りませんでした…

かくいう私自身、太陽光発電事業を始めるまで名前すら知りませんでしたし、名前を知っても、融資相談するまでは「政府系?お役所仕事なんだろうなぁ」とネガティブな印象を持っていました。

しかし、実際はそんなことは全くありません!

今も日本政策金融公庫の担当とは継続してやり取りしていますが、親身になって話を聞いてくれる上に非常に融通が利き、お役所仕事だろうと考えていた私は完全に間違っていました。

こんな良い金融機関の知名度が何で低いんだろう???という思いが強くなったため、少しでも日本政策金融公庫について知っている人が増えればと思い、今回は日本政策金融公庫にフォーカスしてみます。

スポンサーリンク

2008年に設立された政府系の金融機関

日本政策金融公庫は、株式会社日本金融公庫法に基づいて2008年10月1日に設立された政府系金融機関です。

国民生活金融公庫、中小企業金融公庫、農林漁業金融公庫という3つの組織が統合されて生まれました。

株式会社であるものの、日本政府が100%株式を保有しており、株主のために利益を追及する必要がないです。

一般の金融機関が融資しにくい借り手の、資金調達を支援するために存在

一般の金融機関が行う金融を補完することを旨とし、国民一般、中小企業者及び農林水産業者の資金調達を支援するための金融の機能を担うとともに、内外の金融秩序の混乱又は大規模な災害、テロリズム若しくは感染症等による被害に対処するために必要な金融を行うほか、当該必要な金融が銀行その他の金融機関により迅速かつ円滑に行われることを可能とし、もって国民生活の向上に寄与することを目的として業務を行っています。

引用:日本政策金融公庫 – プロフィール

銀行をはじめ、一般の金融機関が融資を行う目的は利益を得ることであり、確実な返済を期待できる(=信用力の高い)借り手に融資するのが大原則です。

消費者金融のように信用力の低い借り手を対象にする場合もありますが、金利が跳ね上がります。(ハイリスク・ハイリターン)

出典:アコム – 商品ラインナップ

もちろん、利益を追求すること自体は正しいことです。

しかし、「個人で新規事業を立ち上たいが、開業資金が足りないので融資を受けたい」「シングルマザーだが、子供の教育資金が足りないので融資を受けたい」といった人々が銀行に相談しても、門前払いを食らってしまうという問題があります。

 

一方、日本政策金融公庫が融資を行う目的は、そういった人々の資金調達を支援することです。

融資をすることが存在目的であるため、融資に対して非常に積極的です。

新規事業立ち上げの例で言えば、「事業性が高いか」という観点を重視して融資可否を判断してもらえるため、しっかりとした事業計画があれば借り手の信用力が高くなくても融資してもらえる可能性が十分あります。

事業領域は3種類

出典:日本政策金融公庫 – 2019年度新卒採用ホームページ

日本政策金融公庫の事業領域は主に3種類あり、各事業向けに様々な融資制度があります。

  • 国民生活事業
  • 農林水産事業
  • 中小企業事業

日本政策金融公庫のHPで融資制度を探すと、あまりにたくさんの融資制度があってどれを利用すべきか悩んでしまいます。

融資制度一覧から探す|日本政策金融公庫
日本政策金融公庫(略称:「日本公庫」)の...

しかし、融資の相談をする前に、どの融資制度を利用すればよいかを利用者側で考える必要はありません。

日本政策金融公庫の担当者が最適な融資制度を提示してくれるためです。

国民生活事業

出典:日本政策金融公庫 – 国民生活事業のご案内

国民生活事業には、小規模事業者や個人に対する各種融資が含まれます。

  • 創業融資
  • 小規模事業者に対する小口の融資
  • 教育ローン
  • 恩給や共済年金を担保とする融資

ポイントとしては、住宅ローンと自動車ローンがないことと、教育ローンがあることですね。

住宅ローンや自動車ローンについては、銀行のサービスを利用しろということでしょう。

教育ローンについては、銀行の教育ローンを利用できないような人であっても、日本政策金融公庫であれば融資を受けられる可能性が十分あります。

…というか、銀行より日本政策金融公庫の方が金利が間違いなく低いため、教育ローンの融資を受けたいならまず日本政策金融公庫へ相談を(笑)

農林水産事業

農林水産事業には、農業・林業・漁業の事業者や、国産品の加工流通業者に対する各種融資が含まれます。

天候等により収入が安定しなかったり、投資額の回収に長期間を要するといった農林水産業の特徴に合わせた融資を行っています。

中小企業事業

中小企業事業には、中小企業・小規模事業者に対する各種融資や信用保険が含まれます。

融資

以下の図にあるような政策性の高い分野に対して長期融資を行うことで、政策誘導を行っています。

例として、私が行っている太陽光発電事業の融資は「環境・エネルギー対策」に該当します。

出典:日本政策金融公庫 – 中小企業事業のご案内

信用保険

中小企業・小規模事業者が金融機関から円滑に事業資金を調達する為の「信用補完制度」の一翼を担っています。

信用補完制度のざっくりとしたスキームは以下の通りです。

  1. 中小企業・小規模事業者が金融機関から融資を受ける際に、信用保証協会が保証人となる。
  2. 信用保証協会は日本政策金融公庫に保険料を支払う。
  3. 中小企業・小規模事業者が債務不履行になって信用保証協会が代位弁済した場合、信用保証協会が日本政策金融公庫に対して代位弁済分を保険金請求する。

出典:日本政策金融公庫 – 中小企業事業のご案内

とにかく金利が低い

日本政策金融公庫を語る上で外せないのは、金利の低さです。

金利情報|国民生活事業(主要利率一覧表)|日本政策金融公庫
日本政策金融公庫(略称:「日本公庫」)の...

2%切りはザラであり、経営力向上計画認定による優遇金利が適用されると1%を切ります

私自身、太陽光発電所購入のための融資(2000万円)を受けようとしていますが、無事に融資の審査に通れば金利が約0.8%となる見込みです。

日本政策金融公庫を利用する上での注意点

これまで日本政策金融公庫の良いところを挙げてきました。

一方、いくつか注意点もあります。

融資の審査が甘いというわけではない

日本政策金融公庫は融資に対して非常に積極的ですが、それは融資の審査がザルだという意味ではありません。(スルガ銀行とは違う)

例えば、新規事業の立ち上げ資金を借りたい場合、「創業計画書」を作成して提出する必要があります。

急な資金調達には向いていない

融資相談→日本政策金融公庫内で審査→融資実行と進むのに1ヶ月以上は要すると見ておいた方が良いです。

急に資金が必要になったからといって、それから日本政策金融公庫へ相談に行ってもどうしようもありません。

日本政策金融公庫への相談は早め早めが大事。

借り手の信用力はチェックされる

「日本政策金融公庫であれば、信用力が高くなくても融資を受けられる可能性がある」という旨の説明をしました。

しかし、クレジットカードの支払い等を何度も滞納するような、極端に信用力が低い人でも融資を受けられるという意味ではありません。

融資の審査にあたって信用情報はしっかりチェックされるので注意して下さい。

信用情報とは|信用情報について|指定信用情報機関のCIC
信用情報について紹介します。CICは信用情報の収集・管理・提供・開示を通じて、皆様のクレジットライフをサポートしています。

 

関連記事です。

太陽光発電所の融資相談で、担当者から話を聞いた時の経験談です。

【太陽光発電】日本政策金融公庫への融資相談を実際に行って学んだこと
先ほど、日本政策金融公庫に伺って、担当者に融資相談をしてきました!お互いの事情を勘案しながら妥協できるラインを模索す...

コメント

タイトルとURLをコピーしました