【太陽光発電】千葉銀行へ融資相談!

太陽光発電の事業申請が遅れに遅れているようですね。資源エネルギー庁から、7月に入ってようやく2018年度の申請に対する処理を開始したと発表があったことに気づきました。

私の発電所もまだ承認が下りていません。。こればかりはどうしようもないため、ヤキモキしながら待つ日々です。

さて、太陽光発電の融資相談第二弾として、千葉県市原市に建設予定の太陽光発電に関して、千葉銀行に融資相談をしてみました!

※あくまで「私の場合はこうだった」という話であるため、参考程度でお願いします。

スポンサーリンク

千葉銀行には産業用太陽光発電所向け融資制度がある

千葉銀行は、「太陽光発電事業支援融資制度(ちばぎんエコ・パワー)」という産業用太陽光発電所向け融資を行っています。1000万円以上可能かつ返済期間が20年以内と、低圧発電所にぴったりの内容で期待を持てます。

出典:千葉銀行

千葉銀行の融資担当者と会話して得た情報

自宅兼法人の事業所の最寄りにある、錦糸町支店へ電話しました。

担当者と会話して、サラリーマンとしての年収と太陽光発電所の情報を伝えた結果、門前払いではなかったもののやや渋り気味の口調でした。そこで、直接話した方がよさそうだと判断して対面で打合せする調整だけして切り上げました。

これは、日本政策金融公庫と違ってなかなか厳しい戦いになりそうです!

担当者と電話口で会話する中で得た情報は以下の2点です。

担保設定が原則

無担保融資は基本的に行わないとのことでした。付き合いの長い企業だったりすると違うのかもしれませんけどね。また、太陽光発電設備や売電売り上げを担保とする場合、手数料がかかるので注意してほしいとのことでした。

投資に対してやや保守的な印象+個人の属性が求められそう

私(年収600万円)が太陽光発電に約5000万円投資しようとしていることを伝えると、「ちょっと多くないですか…?」という微妙なリアクションでした。「家の購入で5000万円のローンを組むのだったら多いと思います。安定した売上を得られるビジネスへの投資なんですから問題ないと思いますけど?」と言い返したいのをぐっとこらえました(笑)

また、年収600万円程度だと個人の属性がやや不足気味な印象でした。自己資金+親の支援で約2000万円のキャッシュがあることがどれくらいプラスに働くか次第かなといった具合です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました