【太陽光発電】融資相談で日本政策金融公庫に行ってきます

先日、太陽光発電の融資を受けるべく、日本政策金融公庫へ電話をかけてみました。

太陽光発電に詳しい税理士さんから公庫の担当者を紹介されたのですが、流石に話が早くて助かりました!

太陽光発電に詳しい担当者に相談できるのは重要かもしれませんね。

公庫の担当者全員が太陽光発電に詳しいわけないし。

とはいえ、電話口で融資できる/できないが決まるわけもなく…来週面談を行う旨日程調整をし、事前準備をしている状況です。来週が楽しみ!

 

<当日の持ち物>

・預金/株式等の金融資産がわかるもの

→預金通帳を持っていきます。SBI証券と住信SBIネット銀行の口座状況は画面を見せるしかないかな…

・直近の源泉徴収票

→会社の給与明細システムからダウンロードして持っていきます。

・太陽光発電設備の各種資料

→設備認定状況や売電シミュレーション等の情報を持っていきます。

・本人確認書類

→免許証でOK。

・親からの借入に関する契約書

→親からの借入金は自己資金と通常扱われるらしいです。親からの借入であることの証拠として持っていきます。

 

関連記事です。

融資相談をした結果は如何に…?

【太陽光発電】日本政策金融公庫への融資相談を実際に行って学んだこと
先ほど、日本政策金融公庫に伺って、担当者に融資相談をしてきました!お互いの事情を勘案しながら妥協できるラインを模索す...

コメント

タイトルとURLをコピーしました