高配当株買うより前に生活費の無駄を削減すべし!もっと早くやっておけば良かった・・・

以前自分自身の毎月の収支や金融資産を整理してみたところ、家計にちょいちょい無駄が見つかりました。

株式会社「自分」の財務諸表を作成してみた
日本政策金融公庫への融資相談に向けて金融資産を整理しています。今回、「私個人+法人」が融資(=投資)するに値するかをチェ...

無理して節約しても長く続かないかと考え、生活レベルを落とさない範囲で無駄を削減してみました。

スポンサーリンク

通信費

私が中学生に初めて持った携帯は、今は亡きJ-PHONEです(笑)

その流れで社会人になってからもVodafone→ソフトバンクを使用し続けていたのを、今回解約して格安SIMに変更しました。

また、PC用の固定インターネットとタブレット用のポケットWifiをそれぞれ契約していましたが、固定インターネットを解約してポケットWifiに統一しました。

削減前:合計17500円/月=210,000円/年

  • ソフトバンク(スマホ、固定インターネット):12,800円
  • ポケットWifi:4,700円

削減後:合計8700円/月=104,400円/年

  • UQモバイル(スマホ):4,000円
  • ポケットWifi:4,700円

→年間105,600円の削減!

ペットボトル代

仕事のある日(=平日)は、朝/夕にお茶やジュースのペットボトル(500ml)を2本くらい買っていました。

節約マニアの人からは、「ペットボトルなんて買うな!」と怒られそうですが・・・職場にあるお茶やコーヒーが出る無料のウォーターサーバ、これが非常に不味い!

時々職場環境に関する社内アンケートがあり、毎回ウォーターサーバを変えるよう提案しているのに一向に変わらない・・・

一日中水のみというのも辛いため、スーパーでサイズの大きいペットボトルや紙パックの飲み物を買い、500mlのペットボトルに詰めて持っていくことにしました。

削減前:月6,600円(300×22)=79,200円/年

  • 自販機またはコンビニでペットボトル購入(1日2本)

削減後:月3,300円(150×22)=39,600円/年

  • スーパーで買った飲み物(ジュース/コーヒー等)をペットボトルに詰める

→年間39,600円の削減!

また、副次的な効果として、ペットボトルのゴミが減ってゴミ捨てが楽になりました。

ラベル剥がす→洗う→潰すのが地味に面倒なんですよね。

削減の成果

金額:105,600円/年+39,600円/年=145,200円/年

これは、

  • 50時間残業※して得られる収入に相当する額 ※私の場合
  • 利回り年5%(税引き後4%)の高配当株に、363万円投資すると得られる配当に相当する額

うーん、大きい!

現在インフラファンド(分配金利回り6%弱)に約200万円投資しているんですが、その分配金よりも多額です。

インフラファンドに投資なんかしている場合じゃなかったな!

…というのは冗談にしても、通信費は3年くらい前に見直しておけば良かったと後悔。。

当たり前ながら、家計の可視化が大事

私の場合は通信費を大きく削減できましたが、人によって車関係費用だったり保険関係費用だったり、削減できる箇所は異なります。

1枚1枚レシートを残すようなレベルで家計簿つけたりはしないまでも、家計のおおよその収支をつけてみるのは有用だなぁと、今更ながら感じた次第です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました