【金鉱株】超割安なのには理由がある!ハーモニー・ゴールド・マイニングのリスク要因まとめ

 

出典:Yahoo! Finance

ハーモニー・ゴールド・マイニング株を保有し初めてそろそろ半年近く経ちます。4月に一時的に高騰した頃にまとまった量を購入したせいで、現在含み損状態です。

じっと株価が暴落するのを待っているものの、金価格が下落しても1.6ドル程度を下値にしぶとく持ちこたえていて困りますね(笑)

 

そんなハーモニー・ゴールド・マイニングの異常な割安さに釣られて、投資を検討している方は結構多いと思います。

かくいう私もそうでした。

しかし、割安なのにはしっかりとした理由があります。

これからハーモニー・ゴールド・マイニングに投資する人向けに、リスク要因(ポジティブ/ネガティブ両方)を整理します。

※金価格の変動については、別途記事にしているため今回は除外します。

【金鉱株】金価格を変動させる要因とは?
最近、じわじわと金価格が低下してきました。 2017年11月から12月にかけて上昇した分を帳消しにしましたね。 <金...
スポンサーリンク

ポジティブ要因

ワフィ・ゴルプ・プロジェクトの操業開始

オーストラリアのニュークレスト・マイニングと合弁でジョイントベンチャーを立ち上げ、パプア・ニューギニアのモロベ州で商業採掘を開始するための準備を進めています。

出典:https://www.wafigolpujv.com./

ジョイントベンチャーが権益を有する地域には3つの主要な鉱床があります。

一番大きなゴルプは、エンパイアステートビル5個分の広さを持つ広大な鉱床だと言われています。

壮大すぎてイメージわきません…

  • Golpu(ゴルプ)
  • Wafi(ワフィ)
  • NAMBONGA(日本語読み不明)

現時点で判明している分だけでも、パプア・ニューギニアで権益を有している資源量は膨大な量です。

地味ですが、価格が高騰気味の銅を採掘できるようになったのも大きいです。

、これらの鉱山が本格的に操業を開始するための各種手続きが佳境に入っています!

電力確保等の問題もあるためいきなりフル操業とはいかないでしょうが、2019年度以降の売り上げに大きく貢献してくれる見込みです。

Engagement with the Papua New Guinea government on the application for a special mining lease (SML) for the Wafi-Golpu project is progressing well.

(意訳)パプア・ニューギニア政府との、ワフィ・ゴルプ・プロジェクト向けSML適用に向けた協議は順調に進んでいる。

On 25 June 2018, the Wafi-Golpu Joint Venture (WGJV) submitted an Environmental Impact Statement (EIS) for the Wafi-Golpu Project to the relevant Papua New Guinean regulatory authority, Conservation and Environment Protection Agency (CEPA).

(意訳)2018年6月25日、ワフィ・ゴルプ・ジョイントベンチャーは、ワフィ・ゴルプ・プロジェクト向けの環境影響評価書(EIS)をパプア・ニューギニアの規制当局である環境保全・保護庁に提出した。

出典:Hidden Valley mine and Wafi-Golpu project update

政治的な混乱の終息

継続してウォッチ中ですが、政局が混乱していたのが落ち着きつつある印象です。

金鉱株投資における南アフリカ最大の政治的リスク!鉱業憲章とは?
南アフリカの鉱山会社といえば、高コスト体質なのが特徴です。原因を調べると、ストライキが頻発していたり、電力不足に...
【金鉱株】南アフリカの政治リスクが後退する可能性あり
南アフリカにおいて政局が大きく動こうとしています。現状では南アフリカへの投資に有利な方向に働きそうで、期待しなが...
南アフリカの鉱業憲章Ⅲが完成間近
南アフリカの金鉱株関連の続報です。 先日、2018年5月に鉱業憲章Ⅲが公表されるというニュースが報道されま...
【金鉱株】鉱業憲章Ⅲの起草開始!
アメリカ経済が堅調でドル高懸念があるためなのか、ハーモニーゴールドの株価が下がり続けています。含み損覚悟で少しず...
【金鉱株】鉱業憲章Ⅲの詳細が判明!
鉱業憲章Ⅲの詳細に関するニュースが報じられていましたので、気になるところを和訳&要約してみます。 ...

ネガティブ要因

ワフィ・ゴルプ・プロジェクトの失敗

今後、環境破壊に対する反対運動が沸き起こったり、現地住民とのトラブルが発生したりすると、事業の継続が非常に厳しくなります。

会社側も当然それは承知で、現地のコミュニティに様々な支援をしています。

それでもリスクを完全に回避することは不可能ですよね。

南アフリカの鉱業壊滅

南アフリカの鉱山は長く操業を続けている鉱山が多いせいで、地中深くまで掘らないと金を採掘できないという問題があります。

地中深く掘ればそれだけコストがかかりますし、作業員の身の危険も増すことから安全対策等にもコストがかかります。

それに加えて高インフレ・電力不足・人件費高騰etcの問題もあり、南アフリカの鉱山の高コスト体質はそう簡単に改善されそうにありません。

金価格の下落が続くと南アフリカの鉱業全体が崩壊する恐れがあります。

ハーモニー・ゴールド・マイニングのIR資料に、AISCの伸びがインフレ率を下回っているとの情報はありました。

それでも2013年比で20%近くAISCが伸びているのは恐ろしい。

出典:FY18 Operational Update

 

コメント

  1. きんとうし より:

    コントラリアンな私 金鉱株 初期投資は650 1350までのばしましたが、そのあとの値下がりで900に 笑  HMY は-120 笑  しかし、税金は高いです。20%も引かれますから うまみがありません。

    • とことこ とことこ より:

      激しい投資をされていますね(笑)
      税金を差し引いても200万の利益・・・私にはうらやましいです。

タイトルとURLをコピーしました