金鉱株投資における南アフリカ最大の政治的リスク!鉱業憲章とは?

南アフリカの鉱山会社といえば、高コスト体質なのが特徴です。原因を調べると、ストライキが頻発していたり、電力不足に悩まされていたりと様々あります。

その中でも、先日調査する中で見つけた「アパルトヘイト絡みの政治的リスク」が金鉱株へ投資する上での最大の問題であることに気づきました。

鉱業憲章(英:Mining Charter)という規定の存在です。

スポンサーリンク

鉱業憲章とは

概要

鉱業憲章というのは、アパルトヘイト時代に長らく黒人が不利益を受けてきた鉱業業界において、黒人に鉱山権益を移行するための規定です。2002年に鉱業憲章I、2010年に改訂版の鉱業憲章IIが施行済みです。

現行の規定(鉱業憲章II)

現行の規定である鉱業憲章IIの概要は以下の通りです。

  • 鉱業会社の要職に、一定割合以上の黒人を参画させること(黒人女性の割合についても最低ラインの指定あり)
  • 鉱業会社の株式の26%以上を黒人が保有すること
  • 資材の調達を黒人が権限を有する(経営する?)企業から行うこと
  • 黒人の能力開発にかけるコストが総コストの5%以上であること
  • 黒人コミュニティの求めるものを分析し、黒人コミュニティと協調した行動をとること
  • 鉱物サンプルの分析を南アフリカの企業のみに依頼すること
  • 鉱山労働者の働く環境や、健康・安全管理を改善すること

「鉱業会社の株式の26%以上を黒人が保有する」という規定については、常時守らなければならないと解釈する南アフリカの鉱物資源省と、常時守るのは現実的ではないとする鉱業事業社側で対立があります。現規定は曖昧さを残した表現になっています。

株式の割り当てを受けた黒人が非黒人に保有株式を売却した場合、常時黒人保有比率を維持しなければならないとすると、会社は新株発行増資で対応しなければならない場合がありうるためです。(→株の希薄化)

また、スコアカードの点数が低いと制裁対象になり、南アフリカの鉱業事業社各社はスコアを公開しています。私が保有しているHarmony Gold Miningではこちら

更に投資家が不利益を被る形に改変される恐れあり

鉱業憲章Ⅱの内容でもコスト高につながる要素は多々ありますが、これらは既に株価等に織り込まれています。問題はここからです。

2016年4月に鉱業憲章の改正案(鉱業憲章Ⅲ)が発表されました。その内容は、株の希薄化を招きかねない「黒人の株式保有比率を常時30%以上にする」ことが明文化されたり、「売上の1%(利益ではないです)を優先的に黒人に配当で支払う」という項目が追加されたりと、黒人以外の株主が不利益を被るものでした。

鉱業事業者から当然の如く反発があり、鉱物資源省と鉱業事業者で調整が進められたものの、2017年6月にズワネ鉱物資源相が突如鉱業憲章Ⅲを施行して大問題になりました。

鉱業事業者が裁判所に鉱業憲章IIIの施行差し止めを求め、ズワネ鉱物資源相が裁判所の判決が出るまで施行を凍結したことで一旦沈静化しています。

今後ですが、鉱業憲章IIIに関する公聴会が2018年2月に行われる見込みです。もし鉱業憲章IIIが現在の内容で施行されることが確定したら、南アフリカの鉱山関連株は軒並み暴落する恐れがあります。

人種差別に起因した問題は根が深い

南アフリカでアパルトヘイト廃止が宣言されたのは1991年、現在1世代分の年月が経過しています。しかし、白人と黒人の経済格差は未だに非常に大きいようです。

南アフリカの極端な格差が一目で分かる航空写真
「対話が生み出されることを望んでいます」

ピケティが「21世紀の資本」で論じた通り、資本成長率>経済成長率が続く限り何もしなければ白人と黒人の差は開くばかりです。

鉱業憲章を読むとあからさまな黒人優遇政策であり、投資家は二の次です。投資家の立場からすると「クソ食らえ」な規定ですが、国家による介入がないと解決しようがない問題であり、ある程度の黒人優遇政策は致し方ないとも思えます。

一方、黒人優遇の度が過ぎた結果、海外資本が南アフリカから引き上げてしまうと、最終的に南アフリカの一般市民(=大多数が黒人)が困窮することになります。

副大統領をはじめ、南アフリカの与党内にも鉱業憲章Ⅲの施行に反対な人がいるようですし、上手くバランスの取れた内容に修正してもらえるとよいのですが…果たしてどうなることやら。

コメント

  1. TH69 より:

    南アフリカの金鉱株情報ありがとうございます。
    HMYはすでに保有済みで、SBGLが下がるタイミングを狙っていたのですが2月まで待つことにします。
    今後も役に立つ情報をお願いします。

    • とことこ とことこ より:

      コメントありがとうございます。また進展がありましたら記事にします。

      HMY以外の南アフリカの鉱業会社を細かく調べていなかったのですが、SBGLは面白そうな銘柄ですね。
      私も投資対象にするか検討してみます。

タイトルとURLをコピーしました