DirexionザックスMLP高配当ETFの構成率上位銘柄が大幅に入れ替わっている…

昨年夏~先月にかけて、DirexionザックスMLP高配当ETF(ティッカー:ZMLP)という、MLPに投資できる非常に高配当なETFに投資していました。

先日売却したものの、現在も継続してウォッチしている銘柄の一つです。

そんなZMLP、ファクトシートを見ていたら構成率上位銘柄が昨年夏(2018年8月)と全然違うことに気づきました!

2018年8月と2019年3月現在で、共に構成率上位10位に入っているのはたった2銘柄(Black Stone MineralsとAlliance Resource Partners)です。

スポンサーリンク

2018年8月の構成率上位銘柄

2019年3月の構成率上位銘柄

ZMLPは、個別の銘柄の業績を気にしてもあまり意味がない…?

ZMLPについては、2018年8月に構成率上位銘柄の業績を個別にチェックしました。

ただ、構成率上位銘柄が短期間でここまで大きく入れ替わるとなると、個別銘柄の業績を気にしてもしょうがないかも…

業績の全体的な傾向をチェックする分には意味があると思いますけどね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました