【VSS】バンガード・FTSE・オールワールド(除く米国)スモールキャップETF解説

スポンサーリンク

ETF概要

バンガード・FTSE・オールワールド(除く米国)スモールキャップETF(ティッカー:VSS)は、アメリカを除く全世界の小型株に幅広く投資するETFです。

更新履歴

日付更新内容
2018/3/6初版作成

構成

連動する指標

FTSEグローバル・スモールキャップ(除く米国)インデックスに連動します。

47ヵ国の約7400銘柄で構成されるFTSEグローバル・オールキャップ・インデックスの内、アメリカを除く小型株の約3300銘柄で構成されます。

ちなみに、FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスをベンチマークとするETFで有名なのは、あのVTです。

投資対象別構成

株式100%です。

 

国家別構成

 

ETF名にある通りアメリカが登場しません。中国が上位に含まれない理由が分からないのですが、小型株に限定すると時価総額が小さいのでしょうか。

業種別構成

データなし

銘柄数

上述の通り、約3300銘柄で構成されています。

組入上位銘柄

出典:バンガード・FTSE・オールワールド(除く米国)スモールキャップETF目論見書

1銘柄の割合は最大で0.3%、上位10銘柄の割合も2.5%というのは、VTよりも分散度が高いです。

経費

信託報酬

信託報酬は年0.13%と、バンガードにしては高いです。構成銘柄が若干トリッキーであるため仕方ないですね。

実績

チャート

出典:Yahoo! Finance

値動きはあまり芳しくないです。ただし、PERが15.8倍(2017/9/30時点)と割高感はない状態です。

分配金

分配スケジュール分配金合計($)
2014四半期毎2.545
2015四半期毎2.467
2016四半期毎2.751
2017四半期毎3.377

地味に分配金利回りが高いです。2%台をキープしています。

3年統計(S&P 500比較)

銘柄年間平均リターンシャープレシオソルティノレシオ
VSS8.90%0.771.30
S&P 50011.41%1.082.00

出典:http://www.morningstar.com/etfs.html

期間中にチャイナショックが含まれます。トランプ相場で2017年いっぱい株高が続いたアメリカ株とは比較にならないです。

10年統計(S&P 500比較)

データなし

用語

シャープレシオ

取ったリスクに対するリターンの大きさを測った指標。数値が大きいほど、リスクに対するリターンが大きい(=効率的)ことを示す。

  • 同程度のリスクがある商品を比較する場合:リターンが大きいほどシャープレシオが高い
  • 同程度のリターンがある商品を比較する場合:リスクが小さいほどシャープレシオが高い

※統計を取得する期間によって計算結果が変動するため、「値が高い=絶対的に優れている」とは言えない点には注意。

ソルティノレシオ

シャープレシオの改良版の指標。上昇リスクを除外して、下落リスクに対するリターンの大きさを測った指標。

数値が大きいほど、下落リスクに対するリターンが大きい(=下落局面に強い)ことを示す。

類似ETF

【VXUS】バンガード・トータル・インターナショナル・ストック(除く米国)ETF

VSSの大型株も含むETFです。こちらのほうが信託報酬も安いし魅力的かも…次はこれを調べよう。

総評

アメリカ小型株インデックスのVBR等と組み合わせることで、非常に安い信託報酬で小型株の世界インデックスを簡単に構成できるETFです。小型株のインデックスを投資信託で購入しようとすると、安いものでも信託報酬が0.3%(実質コストはそれ以上)かかってしまいます。

このETFを主力にするかというと疑問符が付きますが、どうしてもアメリカや中国の大型株に比重が置かれやすいVTやVTIの補完として使ってみたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました